アルコール依存症の治療(入院療法)

 

入院療法


アルコール依存症の治療は、飲酒を断つことが必要なのですが、
注意しなくてはいけないのが、断酒した時に起こる「退薬症状」です。


急にアルコールが体内に入ってこなくなると、退薬症状として、
痙攣や動悸など命の危険をおかす症状が起こる場合もあります。


そのために、入院療法は、本人の状態を24時間確認できるようにし、
退薬症状の医学的なコントロールや対処をできるようにしています。


入院療法はアルコール依存症治療の最初のステップとして一般的です。


次へ>>アルコール依存症の治療(外来通院療法)

前へ>>アルコール依存症の治療法



水澤都加佐のアルコール依存症援助プログラム

 

アルコール依存症とは?記事一覧

アルコール依存症とは?

アルコール依存症は、お酒(アルコール)を飲むいわゆる飲酒を自分の意志ではコントロールできなくなり、自分の意志とは関係なく飲酒を繰り返してしまう精神疾患で、薬物依存症に含...

アルコール依存症の現状

アルコール依存症の人はあまり多くないと思われがちですが、実は成人男性の50人に1人はアルコール依存症にかかっていることが、厚生労働省が行った調査でわかりました。...

アルコール依存症の原因

アルコール依存症になる原因・ケースは、長い間大量にお酒を飲み続けることによるものがほとんどです。たまに飲む程度、あるいは頻繁に飲んでいても少量であれば、アルコー...

アルコール依存症の治療法

ここからはアルコール依存症の治療法について書いていきます。アルコール依存症の治療は、これからは一切アルコールを飲まないことを目指し目標にします。飲酒...

入院療法

入院療法アルコール依存症の治療は、飲酒を断つことが必要なのですが、注意しなくてはいけないのが、断酒した時に起こる「退薬症状」です。急にアルコールが体内に入ってこ...

外来通院療法

外来通院療法外来通院療法は、心理療法が普通ですが、薬物療法を行うこともあります。患者の必要に応じて、断酒を維持するための治療を行っていきます。心...

治療するために大切なこと

ここまでアルコール依存症の治療について書いてきましたが、アルコール依存症を治療・克服するためには家族や友人のサポートが必要になってきます。入院療法にしても外来通...

 
FX業者